夢のような美味しさ!キンカンの蜜煮を初体験

先日、知人にキンカンの蜜煮をいただきました。実家にはキンカンの樹があって、毎年実るとそのまま生で食べていたのですが…酸っぱい、苦い!=まずい、というイメージが大きかったのです。

祖母に「これを食べると風邪や病気にならないからね、薬と思って食べなさい!」と言われてしぶしぶ食べていたのですが、はっきり言って好きなものではありませんでした。

ところが、この初体験したキンカンの蜜煮の味は、どうしたことでしょう。「アナタ、本当にあのキンカンなの!?」と思いたくなるほどの変貌ぶりです。キンカン特有の苦みや酸っぱさは、蜜の甘さにからまって、例えようもない芳醇な風味へと変貌しており、これなら渋い顔をしなくても毎日食べ続けられる…と思えるような美味しさでした。

保存食として加熱されている分、生食に比べてビタミンなど栄養素は半減しているのでしょうが、それでもこたえられない美味しさでした。ここまで美味しいものとは思わなかったのですが、これから有機栽培の生キンカンを探して、自分でも機会があったらぜひ蜜煮にしてみよう、と思ったくらいです。

南瓜がメインの甘酢ネギ醤油炒めを作った事

最近小さい南瓜が安く売っていたのでそちらを買い南瓜と野菜の甘酢ネギ醤油炒めを作りました。
こちら材料の方は南瓜・キャベツ・人参・長ネギ・すりおろしニンニク・すりおろし生姜・酢・醤油・オイスターソース・ごま油・砂糖・水と言った感じです。
早速作っていくと言う事でまずは南瓜を切りやすいようにレンジで少し温めてから1cm幅に切っていきキャベツは適当な大きさにそして人参は千切りにしネギはみじん切りに切っていきます。
次にフライパンに多めの油を入れ南瓜の方を素揚げしていきます。
それで中に火が通ったら取り出し一度キッチンペーパーの方によけて置きます。
それから次にタレの方ですがボウルに調味料を全て入れそこにニンニクと生姜とネギも加え混ぜ合わせて置きます。
そおしたら後は別のフライパンを用意しそこに油をひきキャベツと人参をさっと炒めてから南瓜とタレを入れ更に炒めタレが全体にいきわたればこれで出来上がりです。
こちら甘酢ソースが南瓜に凄く合いとても美味しかったです。

俗称でも実年齢以上に呼ばれるのは嫌だから

五十肩に悩む中高年の方って多いですよね。
腕が上がらない、手を背中に回せない、何もしなくても重だるい、痛くて眠れないなど、聞くだけでこちらまで辛くなりそうですね。
呼び名からして五十肩なので、50代の方がなるものだと思ってしまいがちです。
でも最近は若い世代に、スマホやパソコンの操作で五十肩を発症する方が増えているそうですね。

四十肩とか五十肩という呼び名は耳にするけれど、20代の方が発症したら二十肩になると思いますか?
実は20代でも70代でも、呼び名は五十肩なんですよ。

そもそも五十肩は正式名称ではなく俗称なんです。
正式名称は「肩関節周囲炎」と呼ばれるものなので、二十肩や七十肩にはなりません。
実年齢がどれだけ若くても五十肩です。
それって結構屈辱ですよね。

そんな五十肩にならない為には、スマホやパソコンを連続操作せず、休憩を挟み、肩の上下運動やストレッチを行うようにしましょう。
前かがみで操作を続けていると、肩を傷めるだけでなく、ぽっこりお腹やバストの弛みの原因にもなりますしね。
姿勢を正し、軽い運動を行い、五十肩の予防とスタイル維持を目指しましょう。

海外旅行で英会話が出来ずバスで降りることが出来なかったこと

海外旅行は好きなので、これまで何回か行ったことはあるけれど、基本あまり英語が話せなくても旅行本さえ持っておけば街を歩けるような所ばかり行っています。そして街歩きの時にもその旅行本を片手に歩いたりするのですね。

この前のツアー旅行の時、半日は自由行動がありました。いつもだったらきちんと表示がされていて迷うことのない地下鉄やトラムを利用することが多いけれど、私が行きたいところはバスでしかしけないところだったのですね。でも勇気を持って行ったのです。

でもバスって海外旅行をする時も結構上級者の利用するものじゃないですか?知らない街なので、降りるところはもちろん分からないし、現地の人におしえてもらわないと乗りこなせないと思うのです。私の場合も案の上そうでした。バスに乗るところまでは良かったです。

しかし降りるところがいまいち分からない、そして旅行本を見せて地名を言ったけれど、私の英語力では伝えきれず、結局バスを乗り過ごすことに。あとで歩いて戻る羽目になりました。この時ほど英語が出来たらなあ、海外旅行英語をしっかり勉強しておけばよかったと思ったことはありません。

お金をかけずにおしゃれを楽しむ

主婦になって子どもができると、色々とお金が出て行くことが多くなり、自分のおしゃれはどうしても後回しになります。
ただ最近いつまで経ってもおしゃれにしておきたいと思うようになり、色々とファッションのことをネットで調べたり、自分がどうしたらおしゃれに見えるかを頑張るようになりました。

30代に入ると20代の頃のように若さでカバーできる年代でもないですし、全身プチプラファッションにせずにところどころに質の良い物を取り入れてみたりしています。定価で購入するのは難しいので、ネットオークションを利用したり、リサイクルショップで新品を探したりということもしていますが、そういう風に工夫することが楽しみだとも思えるようになりました。

我が家はお金があるわけではないのですが、小奇麗にしておしゃれに気をつけることで貧乏くさく見えないと思いますし、色々と努力をしてこれからも女性であり続けるために、おしゃれを楽しみたいなと思っています。

乾燥肌の手入れ

寒くなってきたので肌の乾燥に気を付けています。
元々乾燥肌なのです冬になるとカサカサしますが、放っておくとひび割れてしまうこともあるので保湿系クリームとルームソックスは欠かせません。
私はお風呂あがりに顔、手、足にクリームを塗ります。
手は甲だけでなく肘にも塗っています。
肘に塗っておかないと長袖を着たときに繊維がひっかかることがあるからです。
それから足は膝から下にかけて塗っています。
こちらは塗っておかないと白く粉を拭いてしまったり、足の裏のカサカサがタイツやストッキングにひっかかって電線してしまう可能性があるからです。
保湿系クリームを塗ったあとに靴下を履いて寝ると、翌日足の裏がツルツルになって快適です。
また、それ以外にも乾燥していると感じたときリップクリームを塗っています。
口紅だけでは潤いが少ないので私には必須アイテムです。
今年、ディズニープリンセスコレクションでリップクリームが発売されているので、こちらも買ってみたいです。

美容のためにジョギングを始めました!

最近、少し太ってきたので、なんとかしたいと思っています。
ダイエット製品もたくさん使ってきました。
しかし、どれもリバウンドをしてしまい、効果を感じることができなかったんです。
主人や子供たちにも馬鹿にされるし、このままではダメだと思っていたのです。

そんな時、ダイエットのためには運動が一番と思うようになりました。
食事はとても楽しみにしていることなので、それを制限することは私にとってはとても辛いことなのです。
そしてそれだったら、運動が一番とおもうようになったのです。

一人で出来る運動で、長く続けることができるもの。
そんな運動ある?と思っていたら、ありました。
ジョギングをすることです。
ジョギングだったら、仕事が終了した時等、自分の好きな時間に行うことができます。
そして早速おこなって見たのです。
最初は、少ししか走ることができなかったのですが、段々と慣れてくるとしっかり走れるようになっています。
始めて一ヶ月で、1kg減少!
これからも頑張ります。

トマトダイエットに期待

結婚して7年、旦那さんのおなかがぽっこり出てしまいました。仕事は力仕事で運動はそれなりにしていると思うんですが、お酒も飲みません。気になっているみたいで、ジムへ通おうか、ウォーキングマシーンを買おうか・・・。とりあえず形から入ろうとする旦那にイライラ!

腹筋、ジョギング出来る事何か始めたらいいのに・・・。ネットでインナーマッスルを鍛えるマッサージ機?を検索していました。

食事で何かできないかと魚メインにしたら、最近魚多くない?と。文句を言われ、和食が続くとがっつりご飯が食べたいと言われるので、メニューはそのままで毎日トマトを出す事にしました。

トマトダイエットがあるくらいトマトは低カロリーで、脂肪の吸収を抑えてくれるそうです。焼きトマトが満腹感を得られて効果があるそうですが、苦手みたいなので生のままフレッシュで!飽きないようにドレッシングを工夫しようと思います。

まだまだ効果はみられないですが、体にもいいにで続けて行こうと思います。トマトに期待します。

やずやの「養生青汁」は飲みやすい

やずやの養生青汁は口コミで抹茶みたいに飲みやすいとあります。ケールではなくて、六条大麦若葉を使っている養生青汁は、クセがなくハト麦エキスの粉末を加えてさらに飲みやすくしているそうです。

野菜嫌いの子供でも、栄養満点の青汁で野菜不足を補う事が出来たらお母さんも安心ですよね。一日の野菜の摂取量をきちんと摂れている人は、厚生労働省の栄養調査での結果を見ても少ないです。

たくさんの種類の野菜を食事に取り入れるのも大変だし、野菜が高騰している時期は食べる量も減ってしまうので、毎日の食事に青汁をプラスして十分な野菜を摂っていきたいですね。

青汁レシピもホームページに載っていて、一位は牛乳、二位はお水、三位は牛乳で混ぜた上にホイップクリームをのせるでした。

暑い日には、おやつ感覚でバニラアイスに混ぜても抹茶アイスの様に食べられると思いました^^飽きてしまっても色々アレンジが出来るので、長く続けられそうですね。